今こそ相続について学ぶべき!?その理由とは?

相続問題

いまや世界中を震撼させているコロナウイルス。

マスクの着用やアルコール消毒、ソーシャルディスタンス等、今まではなかった習慣が定着しつつありますね。

個人で行う対策はもちろん、国としてこのウイルスとどう向き合っていくのか、というところが今後の大きな課題となってくるでしょう。

そしてコロナウイルスによる死者数は現時点で○○人。(2020年〇月〇日現在)

決して少なくない数字であることは皆さんもお分かりかと思います。

このような恐ろしい疫病が蔓延してしまうと不安になりますよね。

なにも皆さんを怖がらせようと思ってこんなことを言っているのではない、という事も併せてどうかご理解くださいね!

何が言いたいのかというと、端的に言えば

「備えあれば憂いなし」ということなのです。

ここでいう備えとは「死に対する準備」ではありません。

むしろ「安心して今後も生きていくための準備」なのです。

みなさんは「生前相続」という言葉を聞いたことがありますか?

相続、と聞くと亡くなってしまった人のことを連想しがちですが、

相続には当事者が生きているうちに別の個人に財産を無償で渡すことのできる制度があります。では、

Question!

なぜ生きている間に手続きをするのでしょうか?

Answer!

それは生前相続を行うことによって大きなメリットが発生するからなのです。

そのメリットとは、「税金対策」です。

亡くなる前に財産を渡すことで、相続税の課税対象となる財産を減らすことができます。

えぇそうなんです・・・

残念ながら相続にも税金が発生してしまうんです・・・

「それなら生前相続の手続き考えようかな~」

そう思った方!ちょっと待ってください。実はこのシステムを使えば、確かに税負担は軽くなりますが、メリットだけではないんです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました