番外編1「相続人は誰なの?」

相続問題

ここまで相続とは何たるや、そして納税対策について色々とご説明してきましたが、読み進めているとふと「自分はだれの相続人にあたるのだろう?」あるいは「もしも自分が他界したら、相続人となるのは誰なのだろう?」と疑問に思った方もいるかもしれません。

今回は、基本に立ち返り「相続できる人は誰なのか」をご説明いたします!

もちろんこれについては法律で規定があり、基本的はまず遺言書の内容が優先されることになっています。遺言を残さずして他界してしまった場合には、法律で定められた相続人が遺産を取得できることとなっています。

相続人の対象

配偶者が相続開始時存在していれば必ず相続人になります。

しかしこの配偶者と認められるには法律婚をしている必要があり、現状では内縁関係のある者には法定相続分は認めないとされています。一方、事実上離婚をしている配偶者であっても戸籍上婚姻関係にあれば法定相続分が認められます。

もし被相続人に子供がいれば子供もその対象です。子供がいない場合は、親や兄弟姉妹が対象となります。

つまり相続順位は以下のようになります。

1位:直系卑属(子や孫など)

2位:直系尊属(父母や祖父母など)

3位:兄弟姉妹

もし、被相続人の子が亡くなってしまっている場合にはその孫が優先的に相続されます。

(これを代襲相続といいます)孫が亡くなっている場合にはひ孫が、兄弟姉妹が亡くなってい

る場合には甥や姪がそれぞれ代襲相続できることになっています。

実際には、相続人を調べるには被相続人の出生から死亡までのすべての戸籍謄本を取得することになり、そこから諸々の手続きが始まります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました