[4]遺産分割(4)お金がないのにトラブルに?お金がないからトラブルに!

相続問題

相続のトラブルで多いのは何といっても財産分与、遺産分割に関することです。

「うちは資産家じゃないから大丈夫」

「親の財産もほとんどないし問題ないよ~」

などと気楽に思っていると、意外にも残された家族は、被相続人が遺してくれた財産し対し、

「誰がいくらもらえるのか」で揉めることがあります。

相続税がかからないほどの少額であっても、老後の心配や将来に対する不安から、少しでも多くの財産がほしいと、たとえ被相続人の生前は仲が良くても、双方の配偶者などからの意見に左右されて、結局のところ揉めてしまうのです。

ですから、自分の意思で財産を残してあげたいと思っている人がいるならば、ぜひ遺言書を書いておくことをおすすめします!

そして前回も申し上げましたが、分け合うことが難しい自宅や不動産についてです。

同居している親族がいなければ、売却してその金額を分割すればよいでしょう。

逆に同居している親族がいる場合、その親族に自宅の土地と建物をすべて相続させてあげたいと考えているなら、遺言書とともに必ず生命保険を活用するなどして、ほかの相続人への遺留分の弁済や相続税の納税資金の確保などをしてあげるとよいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました