【離婚問題】離婚への準備

離婚問題

「コロナ離婚」などという言葉も流行しているこのご時世。

離婚自体がさほど珍しいものではなくなりましたね。

とはいえ離婚が成立するまでは互いに非常に大きなエネルギーを要する、というのもまた事実です。

離婚したいと考えるのは自由ですし、それを実際に選択するのもまた自由ですが、大切なのは「後悔のない選択をする」ということです。

そのためには「なぜ離婚したいと考えるのか」「離婚した後の人生設計はどうするのか」「離婚しても経済的にひっ迫しないか」をしっかり考える必要があります。

これらを整理し、それでもなお離婚したいと考えるのであれば私たち弁護士は協力を惜しみません。

離婚へ向けてともに準備をしましょう。

☆この記事で分かること☆

離婚へ向けてすべき準備

まず、先ほど言ったように「なぜ離婚したいと考えるのか」という部分を明確にし、説得力のある言葉になるよう言語化する必要があります。

協議離婚を行うためには相手の合意が必須になるため、この部分をしっかり考えなければなりません。

次に、「お金」に関する準備です。財産分与はもちろんですが、今後の人生設計について、また離婚の手続きに要する弁護士費用や裁判費用の捻出についても検討する必要があります。

また、お子さんがいる場合は養育費についても話し合わなければなりませんし、どちらが引き取るのか、また引き取った後の子供の進路などについても熟慮する必要があります。             

また、離婚後の住まいや生活費についても考えなければなりません。

このように離婚するためにはさまざまな事前準備を行わなければならず、それだけで非常に時間を要します。とくにお金に関する話し合いでは双方の主張がなかなか通らず結果的に離婚が長引き、裁判にまで至るケースもよくあります

互いにエネルギーと時間を浪費する前にぜひ当事務所の弁護士にご相談いただければと思います。

タイトルとURLをコピーしました