【離婚問題】離婚の手続きにかかる費用

離婚問題

よく聞かれる質問があります。

「弁護士費用以外にも離婚手続きにお金はかかるのですか?」

というものです。

あくまで場合にもよりますが、ほとんどの場合大なり小なり費用はかかります。

☆この記事で分かること☆

離婚の手続き上でかかる費用について

互いの合意のみで成立する「協議離婚」においても、話し合った内容を公正証書にする場合には作成費用が発生します。この作成を弁護士などの専門家に依頼すると、5万円~10万円程度の費用がかかりますが、考えた文や項目、法的に重要なポイントを整理してくれるため後々重要な証拠になり得ます

この公正証書は取引実態に即した内容の書面をかわすことで、予期せぬ紛争を防ぐことが出来、また裁判をしなくても強制執行ができる場合がある、などと多くのメリットがあります

この公正証書は自分でも作成することができ、自分で作る場合は5千円程度で済む場合もあります。

しかし、プロの専門家に依頼することでその有効性と信頼性が保証される、という絶大なメリットがあります。

後々のトラブルを回避するために、なるべく専門家に依頼して作成してもらうのがおすすめです。

そして、裁判所を介在させ離婚を目指す「調停離婚」や「裁判離婚」などでは、弁護士費用や調査会社費用がかかる場合があります。

裁判というのは手続きが多く、そして複雑なものが多いです。これらをすべて一人で処理し、勝訴を勝ち取るのは難しい、というのが残念ながら現実です

ですから弁護士などの専門家に依頼してもらう方がやはり非常に多いです。

ですが、弁護士を雇うとなると当然費用も発生してしまいます。その具体的な費用については弁護士事務所やご相談者様の状況によっても変動します。

当事務所は初回相談料無料、料金の内容については以下のURLをご参照いただければと思います。

弁護士費用について|九段下総合法律事務所

弁護士に委託すると費用がかかってしまう、という懸念はあるかと思いますが、「離婚」をするというのは皆様が考えている何倍も労力や時間を要します。しかもそれをかけたとて、必ず望み通りの結果になるとは限りません。

私たちが少しでもご希望通りの結果になるよう全力を尽くします。

まずはお話だけでもお聞かせいただければと思います。

関連記事

タイトルとURLをコピーしました