セクハラの事例と対処方法

労働問題

ハラスメント問題の中でも、より深刻な問題として扱われているものの中に「セクハラ」があります。

これは「セクシャルハラスメント」の略であり、性的な嫌がらせを意味します。

1989年に「セクハラ」という言葉が流行語大賞になって以降、世の中ではより深刻な問題として扱われるようになりました。

そして最近では、セクハラを防ぐための対策も強化されています。

 セクハラは「対価型」と「環境型」の主に2つがありますが、現在は時代の流れとともに「制裁型」や「妄想型」などに枝分かれしています。

今回は基本となる対価型と環境型を簡単に説明しましょう。

対価型は、性的な嫌がらせをされた際に抵抗したり拒否したりすると、減給や降格、解雇を理由に脅してくるという、パワハラの要素を含んだセクハラのことです。

環境型は、労働者の意に反する言動を繰り返すことで、はっきりした不利益を伴わなくても、被害を受けた労働者の働く環境を悪化させることをいいます。

 そもそもなぜセクハラは起こってしまうのでしょうか。

セクハラの多くは、男性上司が部下の女性に対して冗談半分で下ネタなどを言うことにあります。

もちろん女性が男性に行うものもあります。

会社では、部下はどんなに嫌だと思っても、あくまで業務の一環として上司に対応している人が多いです。

笑顔で挨拶したり話を聞いたり、優しくしたりするのも決して個人的な感情を持っているからではありません。

しかし、これを真に受けて「自分は部下から人気がある、好意を向けられている」と思い込んでしまう人がいます。

そのような人には罪の意識がないので、無意識にセクハラ行為を繰り返してしまっていることになります。

このように社内でのセクハラはエスカレートしていってしまうのでしょう。

 加害者に罪の意識があったか否かに関わらず、被害者に精神的な苦痛を与えてしまったことに変わりはありません。

ですから、加害者はそれ相応の措置を受けるべきなのです。

出勤停止、論旨解雇、懲戒解雇などがあると思いますが、まずは加害者と被害者の関わりを完全になくしましょう。

加害者と被害者の部署が同じであるならば、加害者側の人間の部署を移動させることです。

しかし、1度でもそのような行為をしてしまった人は、仮に部署が移動になったりしても同じことを繰り返します。

ですから、そのような人は役職を外すなどの人事的措置をとることが最善です。

場合によっては解雇という形をとることもあるでしょう。

会社内で上の方の判断による最善の措置を行うことが大切です。

セクハラというのは多くが密室で起こるので、客観的に見た時に分かりづらいことが多いです。

ですから、セクハラが発覚した際にはまず被害者の主張を1番に聞きましょう。

ただ、聞く側も被害者に感情移入しすぎることはあまりよくありません。

被害者が嘘をついたり話を盛ったりしているとまでは言いませんが、このような時多くが加害者と被害者の主張が食い違います。

セクハラというのはセクハラ行為を受け始めて数ヶ月後、半年後などに発覚するというのがほとんどです。

これは、被害者がすぐに言い出せないことにあります。

ですが加害者側は「なぜ今になってそんなこと言い出すのか」「今まではなにも言わなかったじゃないか」と主張してくるのです。

しかし、反論されなかったからといってセクハラ行為が許されるわけでは決してありません。

加害者側の意見を聞くことも勿論必要です。

ですが、セクハラ問題の場合は聞く側が冷静に被害者の主張を聞いてあげることがより大切です。

セクハラは、今までは発覚してもうやむやに扱われて表沙汰にされないことが多くありました。

セクハラは、被害者の申告などがなければ発覚することが難しい問題です。

さらに被害者全員が、被害を受けたことを申告できるわけでもありません。

セクハラを受けていることは、言い出すことも、言って表沙汰になることも恥ずかしいと思っている人が多いのです。

ですから、折角勇気をだして申告しても周りが見て見ぬふりをしてしまうと、被害者である社員が我慢させられることになってしまうのです。

そしてセクハラを未然に防ぐためには以下のことが大切です。

・何がセクハラに当たるのか、セクハラをしてしまった時の処分の内容などを、労働者を含めた会社経営に関わる人間全員に周知させ、啓発すること

・会社内に相談窓口などを設け、なんでも相談できる雰囲気を作ること

・相談された内容がはっきりしていなくても、事が大きくなってしまった時に迅速に対処できるようにしておくこと

・どんなに些細なことも相談できるようにすること

 もし、すでにセクハラが起こってしまった場合には、

・正しい判断のもと、すぐに加害者側の措置を行うこと

・被害者の話を聞き、適切な対処をすること

・被害者を守ることを1番に考え行動すること

・事実関係をすぐに確認し、何が正しいのか判断すること

このように、まずは被害者のプライバシーを守り、その方が不利益を被らないよう慎重に対処していくことが重要です。

 そして再発を防ぐためには、

・もう一度何がセクハラに当たるのかを社内全員に再確認させること

・被害者側も、加害者に対して思わせぶりな態度をとらないように心がけること

 セクハラを防ぐには、これらの対策が必要になります。

しかしやはり、セクハラは1度でも起こってしまうと会社のイメージや雰囲気を悪化させます。

ですから、まずは問題を起こさないことが大切なのです。

その上で会社側の体制作りがとても重要です。

 そして対策のひとつとして、弁護士に頼るという方法もあります。

どうしても会社の力のみでは解決できないこともあります。

そのような時は、法律の専門家である弁護士を通して話し合い、解決に向けて行動することも大切です。

弁護士に相談することによって、より早く問題解決に向かうことが出来たり、より適切な措置を取ることができます。

先程も言ったように、セクハラは密室で起こるため客観的に見て発覚することが難しいです。

ですから、被害者を第1に優先して対処し、話をきいてあげましょう。

ですがここで、話を聞く際に被害者に同情心を抱きすぎることもあまりよくありません。

正しい事実を見極めるためにも、弁護士を利用してみるのも選択肢の一つです。

対処をする際に誤った結果を招かないように、それぞれがセクハラについて正しい理解と判断をすることが重要なのです。

人間関係はとても複雑なので、いつ何が起きてしまうか分かりません。

一人で悩み、問題を抱え込んでしまう前に弁護士を頼っていただければと思います。

タイトルとURLをコピーしました