人事異動の決め方やトラブルについて

労働問題

あなたは、「人事異動」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

近年では人事異動におけるトラブルが増加している傾向にあります。そこで、人事異動とは何かをまず説明します。

人事異動とは、社員が配置や地位、勤務状態などを変更することです。

新しい人材の採用や社員の退職なども人事異動に当たります。

人事異動の種類

・転勤

・配置転換

・出向

・転籍

これらが主ですが、他にも

・昇格

・降格

・定年退職

・解雇

・新規採用

など、多くの種類があります。

簡単に説明すると、

「転勤」・・・会社内で勤務地が変わること。

「配置転換」・・・同一企業内で職種や職務内容が長期間にわたって変わること。

「出向」・・・他の会社や役職の仕事に就くこと。

「転籍」・・・現在の労働契約関係を解消し、別の会社と新たに労働契約を結ぶこと。

会社内では、人事の異動が起こりますが一言で人事異動と言っても、このように沢山の種類があるのです。

その中でも、本人の同意が必要なものと不必要なものがあります。

そもそも雇用契約とは「会社側が社員の労働力を買い取る」ことです。雇用契約を結べば会社側はその権利を原則自由に使うことが出来ます。 しかし、自由に権利を使いすぎてしまうのも、トラブルに発展してしまう恐れがあります。

そのため雇用主は労働者と適正な関係を持ち、問題を起こさないようにすることが大切です。

人事異動をする目的とは

大体の企業が、企業活動を円滑に進め組織を活性化させるために行います。

人事異動をすることによって、新しい人材や他の部署からの優秀な人材を手に入れることができます。

また、一緒に働くメンバーが変わることで精神的な面でもリセットされ働き方が変わったりして、より働きやすくなる可能性もあります。

新人の労働者の異動に関しては、様々な部署や環境で働くことにより多くの知識を身につけ、様々な働き方をマスターすることが目的とされています。

人事異動をすることによって、

・その企業に新しい風が吹き込まれてアイデアが浮かびやすくなる

・雰囲気が変わって働きやすくなる

・社員のモチベーションが上がる

などのメリットがあります。

逆にデメリットは、

・業務の引き継ぎが上手く進行しないとその後の仕事に支障をきたす

・希望しない部署への異動は社員のモチベーションを下げてしまう

などです。

同じ職場で働くメンバーが変わることで、いい方向に風向きが変わることもありますが、悪い方向へも変わってしまうことをよく覚えておきましょう。

人事異動はどの企業でも行われていることですが、異動させる理由がないと勝手な判断では異動させることが出来ません。

また、本人の同意が不必要なものがありますが、必要なものもあります。

会社が買い取った労働力を適正に使うことを前提としていることをよく理解しましょう。

その上で、トラブルなく安全に企業内の向上を目指していきましょう。


そして、「人事異動において不当な扱いをうけた」また、「現在異動について打診を受けているが、左遷の様に感じており納得出来ない」等の人事異動についてお悩みの方は是非、当法律事務所にご一報いただければと思います。

タイトルとURLをコピーしました