人事異動と雇用契約について

労働問題

会社で働いている限り、人事異動は避けるのが難しい問題です。

社内では沢山の問題が起こりますが、最近では人事異動についても大きなトラブルになってしまうことがあるので、気をつけていくべき問題です。

人事異動は場合によっては労働者に不利益を与えてしまったり、労働紛争を起こしてしまうことがあります。

そのため、その人をなぜ異動させるのか、根拠を明確にしどのような内容であるのかをしっかり定めておくことが大切です。

企業で働く際には、会社と労働者の間で雇用契約が結ばれます。

契約が結ばれたということは、労働者が会社に労働力を提供することで会社が労働者に賃金を支払う、という仕組みが出来るということです。

契約とはつまり約束ですので、どちらかが破ったらその契約は解消されます。

つまり、労働者が働かなければ会社側は賃金を支払う必要はないということです。

逆に、会社側が賃金を与えないのなら労働者は働く必要がないということになります。

また、労働者は人事異動命令を拒否することは基本的にはできません。

使用者は人事権を持っていて、労働者に対して異動の命令を出すことが出来ます。

その効力は強く、雇用契約が結ばれている以上、労働者は使用者の命令には従わなければいけないのです。

しかし、使用者が人事権を不当に使用することは禁止されています。

例えば、

・嫌がらせをするために別の部署に異動させたり、役職を降格させたりするこ

・法的に反すること

・人事権を濫用していると判断された場合

これらのような場合には、人事異動を命令することはできません。

働く上で、人事異動は起こり得ることですので、雇用契約を結ぶ際にお互いが理解しておくことが大切です。

使用者は、人事権という権利を労働者に対して持っていて、労働者の異動を幅広く命令することが出来ます。

ですが、根拠のない異動や労働者に必要以上の不利益が被ってしまう異動は法律で禁止されていて無効となります。

労働者は、人事異動を命令された時に自分の意思だけでは拒否することが出来ず、もし仮に拒否した場合には解雇される可能性があります。

このようにお互いが気をつけなければいけないことは沢山あります。

使用者側と労働者側がお互いに雇用契約について詳しく理解することが重要です。

労働に関する法律はとても多くあります。

今現在、労働に関して悩みを持っている人はそのような法律を確認してみることもおすすめです。

弁護士に相談することも方法のひとつです。

重く考えすぎず、気軽に弁護士に相談してください。

タイトルとURLをコピーしました