スムーズな人事異動を行うには?

労働問題

皆さんは、近年人事異動に関するトラブルが増えているのをご存知でしょうか。

時代の流れが変わると個人の生き方も変わるので、中には昇格のための異動でも受け入れられない人もいます。

そういった悩みを持つ方からの相談が現在増えています。

また、経営者側も「人事異動を行いたくてもやり方が分からない」、「スムーズに人事異動を行いたい」と思っている方がいるかと思います。

このように人事異動においては、社員側と経営者側の衝突が起きやすいため双方が詳しく理解しておくことが大切です。

以下では、トラブルなくスムーズに人事異動を行うにはどうすれば良いかを解説していきます。

 人事異動は使用者が持つ権利であり、特殊な理由がない限り社員はその命令に反対することはできません。

しかし、だからといって使用者が必要のない人事異動を社員に命令することはできません。

人によっては、雇用契約を結んだ時に異動を許可していない人もいます。その場合は、必要な異動であったとしてもそれを命令することは出来ないのです。

このように、人事異動を行う際にはまず雇用契約の内容を確認することが重要です。

また、社員がどのようにしてその会社に入社したのかを再確認することも大切です。

会社の規模が大きいと全国各地に事業所があるため、転勤があるかもしれないことを理解して入社してくる人が多いです。

そのため、長距離の転勤を命令されても拒否する人はいないでしょう。

逆に規模が小さかったりその町にしかない工場などでは、採用されたら異動を命令されることはほとんどありません。

海外にも拠点があるような企業なら世界各地への転勤を命令される可能性もあります。

それを理解して入社してくる人がほとんどです。

異動を命令する時には、なぜその人を異動させるのか理由を明確に伝えましょう。

それも人事異動をスムーズに行うためにすることの一つです。仕事ができない人に、指導・教育のために異動を命令する際にも、キッパリ理由を伝えた方が良いでしょう。

「なぜ自分が異動を命令されるのか」「他の人もいるから自分じゃなくてもいいのではないか」と考えている人もいます。

ですが会社側は、理由があるからその人を選んで異動を命令しているのです。

そのような人には、その人を選んだ理由や目的を本人が納得するまで説明することが大切なのです。

人事異動をスムーズに行うには、まずは雇用契約の内容を再確認しましょう。会社が持っている権利や権力のみでは社員を異動させられないことを理解し、会社の就業規則も社員全員に周知させましょう。

その上で、異動させる必要がある人にはその人が納得出来るような説明をし、問題に発展させることなく適切な人事異動を行いましょう。

人事異動をスムーズに行いたいと思っているがどうしたらいいか分からない、と悩んでいる人も少なくないと思います。そんな時は会社内で話し合うことも大切ですが、弁護士などに頼ってみるのも一つの方法として良いかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました