人事異動を決める際の注意点

労働問題

会社で働いていると、様々な問題が起きます。

多種多様な人間が関わっているので仕方ないことですが、会社で起こるトラブルは全員が少し意識を変えるだけで未然に防ぐことが可能なのです。

問題のひとつに人事異動があります。

人事異動をスムーズに行うことで、会社内の問題を少しでも減らすことができます。

人事異動を命じる際には、本人だけに配慮するのではなくその人の家庭内のことも視野に入れて考える必要があります。

「転勤することで家族と別々で暮らさなければならず、子供も小さいので転勤することはできない」という理由だけ異動命令を拒むことは難しい面があります。

「病気を、抱えた家族がいて、転勤することで看護出来なくなるので転勤することができない」などの理由であれば,異動命令を拒むことができる可能性が出てきます。

このように社員の家庭内の問題は、事前に聞ける限り聞いて知っておいた方が良いでしょう。

異動命令というのは、会社内の会議などで誰をどこに異動させるのかを話し合います。そこで決定した後に社員に異動命令が出るのです。そのため、異動が決まった後に社員がその命令を拒否すると、沢山の人に迷惑がかかってしまいます。

そのようなことにならないために会社側は、異動させる本人だけではなくその周りの問題についてもあらかじめ知っておくようにしましょう。

転勤を命じた社員に対しては、転勤先の住居の家賃やそこへ行き来する交通費などを会社側が多少でも負担するのがベストです。

また、人事異動はその時だけを考えるのではなくその後の業務の引き継ぎなども確実に進めなければなりません。引き継ぎを適当に済ませてしまうと、その後の社員の業務に支障をきたしてしまいます。企画の途中などであるなら、その後どのように進めれば良いのかを詳しく説明する必要があります。

そこまでして、スムーズに人事異動を終えたと言うことが出来ます。

 人事異動は、使用者と労働者の2者のみの間で起こることではありません。同じ部署で共に働くメンバーが変わるのでその部署の人間にも関わりますし、引き継いだ後の業務を行う社員にも関わります。もちろん異動を命じられた社員の家族にも関わることです。

そのため、人事異動をダラダラと行なってしまったり適当に行なってしまうと、本人以外の沢山の人に迷惑がかかってしまいます。そのような事態にならないように、何事も事前に確認したり、社員について最低限のことは知っておくようにしましょう。

異動するということは仕事内容が変わるということです。それはつまり、給料が変更されることも可能性として十分にあります。金銭面でのトラブルは後々大きな問題になりかねません。もし人事異動のことで悩んでいる人がいたら、弁護士に相談してみるのも良いかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました