相続問題

相続税の計算(2)

さて、前回は基礎控除額の計算方法、そして課税遺産総額というものについてご説明しました。 今回はその課税遺産総額を使って相続税の計算フローをご説明します。 ☆ステップ1 まず、前回ご説明した課税遺産総額(基礎控除を除いた残...
相続問題

相続税の計算(1)

相続税を計算するときは、まず被相続人の財産に対する相続税の総額を把握するところから始めます。 これを把握したらこれに※相続時精算課税の適用を受ける財産を合算します。 ※贈与者1人につき、最大2500万円までの贈与が非課税になる...
相続問題

相続税の調査って?

税務調査には強制調査と任意調査の2つの方法があります。 強制捜査は、国税犯則取締法により不正な手段を使って故意に税負担を免れた脱税容疑者に対して国税局査察部(よくマルサといわれます)によって行われます。 これは裁判官が許可証と...
相続問題

[4]遺産分割(12)隠し子が発覚!?

もし、親の死後に隠し子が発覚したとしたらその子は相続することができるのでしょうか? まず、ここでは「隠し子」とは婚姻関係にある夫婦から生まれた子ではなく、生前に認知もされていない子として考えます。 生前に認知している子であれば...
相続問題

[4]遺産分割(11)亡くなった親の相続財産が不明?

亡くなった被相続人と同居している人がおらず、遺言書もないような場合、どのような相続財産があるのか、相続人がすべてを把握するのはたやすくありません。 もちろん、わかる範囲で遺産分割を行ってもよいのですが、そもそも遺産を見逃して損をして...
詐欺被害

副業詐欺

コロナ禍により収入に打撃を受けた方も多いと思います。 そんな中手軽に在宅でできる副業が注目されているのはご存知でしょうか? 「副業 ネット」や「副業 在宅」で検索すると非常に多くのHPや広告が出てきます。 しかしこの副業...
相続問題

[4]遺産分割(10)寄与分とは?

「親が亡くなりました。そして自分は病気の親のために仕事をやめたのですが何か特別な寄与を頂けるのでしょうか?」 意外にもこの手の質問は多いです。 そしてそれに回答するならば、YESです。 相続人の中に、その財産の維持につい...
相続問題

[4]遺産分割(9)相続人が行方不明!?

何度も話していますが、原則的に遺産分割協議は相続人全員で行わなければなりません。 ですので、その相続人が行方不明の場合は然るべき手続きを踏む必要があります。 7年以上生死が不明な場合は失踪宣告という制度を利用する必要があります...
相続問題

相続の歴史(3)

ご存じの方も多いと思いますが、第二次世界大戦後に日本国憲法が施行されました。 その年1947年には民法が大規模に改正され、家督相続が廃止されています。 この時の改正では長男相続制も廃止されていて、配偶者にもいかなる子供にも平等...
相続問題

相続の歴史(2)

明治政府が始まった頃、華族や士族には長男相続制という制度が規定され、当然その地位も長男によって世襲されました。さらに、平民にも長男の家督相続制が規定されています。 女戸主を認めなかったわけではありませんが、あくまで例外的なものとされ...
タイトルとURLをコピーしました