相続問題

3000万円で購入したマイホームの相続税は?

マイホームを3000万円で購入した場合であっても、評価額はこの金額よりも低い可能性があります。 そのため購入金額にとらわれず相続税を計算するときの財産の評価方法で、マイホームの評価額を把握することが重要です。 マイホームを相続...
相続問題

特定事業用宅地に該当する場合

特定事業用宅地とは、被相続人もしくは生計を一にしていた親族の事業用に利用されていた宅地のことです。 これに該当する敷地を相続した場合には、相続税の申告時の評価額を、土地の原則的な評価額から80%も減額することができます。 これ...
相続問題

貸付事業用宅地特例の要件

被相続人が貸家やアパート、駐車場などの敷地として利用していた土地のことを「貸付事業用宅地」といいます。 これに該当する敷地を相続した場合には、相続税の申告時の評価額を土地の原則的な評価額から50%も減額することができます。(限度面積...
相続問題

マイホームの特例の要件

前回も話しましたが、被相続人の居住用の家屋の敷地のことを「特定居住用宅地」といいます。 そしてこれに該当する敷地を相続した場合には、相続税の申告時の評価額を土地の原則的な評価額から80%も減額することができますが、そのためには次の要...
相続問題

小規模宅地の特例とは?

相続した土地の中に以下のような敷地がある場合、その土地の評価額を80%あるいは50%の割合で減額することができます。 ①被相続人の居住用の家屋の敷地(特定居住用宅地)②被相続人が生前に事業を行っていた場合、その事業用に利用されていた...
相続問題

垣根を撤去する

さて前回は評価額を下げるためにコンクリートブロック塀を設置して境界を明確にする、というお話しをしましたね。 今回は逆に、評価額を下げるために垣根を撤去し宅地を一体とする理由と効果をお話しします! まず、前提として土地は地目ごと...
相続問題

コンクリートブロック塀をつくる!?

相続税における宅地の評価では、「利用の単位となっている1区画の宅地」ごとに評価します。 「1区画」というのはつまり「使用収益権」です。使用収益兼とは、物を用法に従って使用し、それによって収益を得る権利のことです。 自宅と貸家が...
相続問題

私道の登記

私道には、通り抜け道路のように不特定多数の人に通行されている場合と、袋小路のような行き止まり道路があります。 私道のうち通り抜け道路は、相続税では評価しないことになっています。 行き止まり私道の評価額は、その土地が私道でないも...
相続問題

田舎の空き家を相続したとき

田舎で一人暮らしの親が亡くなってしまいましたが、子はみな都会に出ていてだれも地元に残っていないという場合があります。 田舎でほとんど不動産の需要がないような地域では、実家を売却しても買い手がなかなか見つかりません。 加えて無人...
相続問題

駐車場を庭に?

前回は隣接した他人の土地を買う、というケースについてお話ししましたね。 今回は自己所有の駐車場の取り扱いについてご説明していきます! 自宅と駐車場が隣接しており、その駐車場を自分で利用している場合や、家族が無料で使用しているよ...
タイトルとURLをコピーしました