相続問題

[3]贈与(1)3年以内の贈与財産

前頁では、相続開始前の3年以内の期間に贈与については相続税の対象になり得る、と 申し上げましたね。 というのも、相続が発生する前から3年以内の贈与は、「相続財産」とみなされ相続税の申告に含めなければならないという決まりがあるからなのです。 ただし、例外はあります。 そもそも3年以内の贈与財産の加算は、相続や遺贈(遺言にて財産を無償で譲渡すること)によって、被相続人の財産を受け取った人が、相続税の申告をする場合に適用を受ける、という制度です。 つまり、生前に贈与の受けていても、相続時に実際に財産を受け取っていないということであれば相続税の申告をする必要はありません。 ほかにも例外はいくつか存在するので、自分の状況は相続税の申告義務があるのか否かを知る必要があります。 ちなみにこの申告義務を無視してしまうと、税務署長に是正され、罰則等が課せられる可能性もあるので非常に注意すべきところですね。
相続問題

[3]贈与([3]贈与(1)贈与税の計算方法 1)贈与税の計算方法

生前贈与の場合、1年間の贈与額が110万円以下であれば、贈与税が課せられません。 (基礎控除) そのため110万円以下の財産を生前に贈与し、将来の財産を減らすことで節税対策 をしよう!という方も多くいらっしゃいます。 ...
相続問題

[3]生前相続のメリットとデメリット(3)節税対策

さて、少し話が逸れてしまいましたが前述した前提を踏まえて生前相続について話してまいりましょう! 重複になりますが、生前相続をするメリットとは節税対策です。 前頁で申し上げたように、相続税とは故人が遺してくれたすべての財産が課税...
相続問題

[3]生前相続のメリットとデメリット(2)相続放棄

相続放棄とは文字通り、引き継いだ財産を放棄する、という意です。 前述したように、負の財産があった場合は正の財産でその分を相殺し、正の財産が残ればその分を相続する、といういわゆる「限定承認」という方法があります。 ただし、この手...
相続問題

[3]生前相続のメリットとデメリット(1)相続税の対象

前頁では生前相続をすると税負担が軽減する、つまり節税ができると話しましたね。 それは間違いありません。 ではなぜ節税ができるのか。具体的にどのような手順を踏めばよいのか。 それをこれからお話しします! それでは、生...
相続問題

今こそ相続について学ぶべき!?その理由とは?

いまや世界中を震撼させているコロナウイルス。 マスクの着用やアルコール消毒、ソーシャルディスタンス等、今まではなかった習慣が定着しつつありますね。 個人で行う対策はもちろん、国としてこのウイルスとどう向き合っていくのか、という...
相続問題

相続はほとんどの人が経験する手続きである!

皆さん、こんにちは! 九段下総合法律事務所です。 本日より定期的に「相続」に関する知識・情報を皆様に お伝えしていこうと思います! 「いやいや相続なんて自分には関係ないのでさよなら~」 なんてページを...
タイトルとURLをコピーしました