相続問題

相続問題

【相続対策】相続放棄の手続き②

相続放棄の順序は法定相続の順序に従うことになっています。先順位の相続人がいるときは、その全員の相続放棄の申立が受理されたあとに次順位の相続人が相続放棄の申立をすることになります。 これも以前お話しましたが、おさらいということで順番を...
相続問題

【相続対策】相続放棄の手続き①

以前にも相続放棄についてお話しましたが、今回は具体的にどのような順序で相続放棄を行うのか、また注意すべき点などを説明していこうと思います。 ☆この章のポイント☆ 相続放棄の期限と順序に注目! まずはおさらいです。 ...
相続問題

生命保険と遺留分の関係

今回は「遺留分侵害額の支払」についてお話していこうと思います! たとえば、被相続人の財産が自宅の土地と建物のみで、現金や預貯金がなかったような場合、自宅で同居していた長男に相続させたいと考えると、ほかの相続人には「遺留分侵害額に相当...
相続問題

土地を売却して保険に入る?

以前よりお話していますが、相続税では500万円×法定相続人の数の生命保険金の非課税枠があります。 そしてこれも前回お話ししましたが、生命保険は保険契約の締結時に、受取人を指定することが可能、かつ遺産分割の対象にもならない等々のメリッ...
相続問題

保険に加入することのメリット

まず生命保険のような財産は非課税金額といって、税金の計算から一部を控除する措置がとられています。これが一つの大きなメリットですが、そのほかにも様々な優遇措置があります。 通常、被相続人が亡くなると同時に現金がしかるべき受取人に支払わ...
相続問題

生命保険に加入していないとどうなる?

被相続人の遺してくれた財産から相続税を納税することができれば一番良いのですが、遺された財産が不動産ばかりで、納税資金を相続人が用意しなければならないとなると、中には申告期限までに納税できないという相続人も出てくる可能性がありますよね。 ...
相続問題

過払いの相続税

相続した財産の評価に相違等があり、相続税が過払いだった場合には、相続税の申告期限から5年以内であれば払いすぎてしまった税金を還付請求することができます。 これを「更生の請求」といいます。 ところが、相続税の場合においては過払い...
相続問題

アパートを相続、賃貸業はどうするの?

被相続人が生前、自己名義の土地にアパートを建てて、賃貸業をしていたという場合は、「貸付事業用宅地等」(以前ご説明しましたね!)に該当し、「小規模宅地等の特例」の制度によって、200㎡まで、その評価額から50%の減額が認められています。 ...
相続問題

家なき子の特例

被相続人が亡くなる直前までマイホームとして利用していた土地と建物を相続する場合、すでに被相続人には配偶者がおらず、また、同居をしていた親族もいないとなると、持ち家に住んでいない相続人が相続をすれば、小規模宅地等の特例が受けられる可能性があ...
相続問題

8割減の特例が使えない場合って?

これまでに、特例(評価額の80%減額)を使える例について色々お話ししてきましたが、今回は逆に特例が使えない場合についてご説明していきます。 被相続人が亡くなる直前まで、誰とも同居をせず一人暮らしをしていた場合や、その土地を相続する相...
タイトルとURLをコピーしました